●50代のおっさんが包丁を砥ぎながらウレタンコートを考える閑話。

ウレタンコート.jpg

1家に1台ウレタンコート。

もともとは釣りのルアーに吹きかけて表面を保護するコーティング剤

である。 しかし、その用途は広い。

おっさんは砥石にも活用している。天然砥石の土台に石膏を使うのだが

石膏は強烈なアルカリ性である。直接砥石に石膏が触れる事は避けたい

なのでウレタンコートなのである。 理由はそれだけでなく、天然砥石

は何万年~何億年もの間、強い圧力のもと形成された岩である。

それが1気圧の環境下で使用していると、時にクラックが発生する。

当然、石膏層に浸透し問題をおこす場合もある。

石膏と砥石.jpg

石膏に水が浸透.jpg

今回はウレタンコートと石膏を使った土台作りを紹介しようと思う。

まずウレタンコートを砥石の裏面に塗布する。速乾性なのですぐに乾く。
ウレタンコート塗布.jpg

次に石膏を流す準備としてガムテープを砥石全周りにグルグル巻きつけ

石膏を流しこむ。石膏が漏れなければ段ボールでも何でも良いと思う。

ガムテープ巻き付け.jpg

石膏が固まるまでおおよそ1日は乾燥させた方が良いと思う。

重力である程度は石膏の平面は出るが、固まった後は一応、

石膏面の平面出しをして平行を出す。後はカシュー塗料を

塗れば完成である。この状態で砥石にクラックが発生しても

ウレタン層があるので石膏層への浸水は避けられる。

完成.jpg




    岩魚岩男

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント