●50代のおっさんが包丁を砥ぎながらサバイブ2を考える閑話。

カッパ.jpg

最近は米中で何となく、きな臭い話になってきたな~と思う。

保身の為か、それとも権力や財産の為かは知らないが、何れに

しても被害を被るのは国民だよな~と思いながらニュースを

ぼんやり見ている。 と言う事で今回の話は性懲りもなくまた

防災セットについて話してみようと思う。

おっさんは緊急時に備えて必要な物をひたすら買いまくった時期

がある。思いついたら仕事そっちのけでお店に買いに行っていた

気がする。もうこの頃になると”防災”の文字は頭からどっか

行ってしまい、傍から見ると変な収集癖を持ったおっさんとして

映っていた事だろう。

ただ少し、言い訳をさせてもらいたい。例えば、自分の気に入った

服が有ったとして、その服は複数の服の中から選ばれた事になる。

10着の中から2着のお気に入りの服があったとしたら、残りの

8着はこの2着の為に有ったのだと、昔誰かが言ってた気がする。 

今回はそんな無駄な物ではなく、山での実体験から絶対に必要

と思った物を紹介してみようと思う。山で必要になる物は災害時

にも役に立つ事が意外と多いと思うのだ。

おっさんが思う重要なポイントは重量と防寒である。

徒歩の場合この重量によって自分の行動範囲が決まると言っても

過言ではない。又、その際の防寒は絶対に必用である。この寒さ

というのは意外と体力を奪い行動範囲を狭める。


・第1位 冬用のレインウェア(フード付きで上下に分かれたやつ)

 そんなに高級な物でなくても良いのである。多少蒸れる位の方が

 雨や風を防いでくれる。又、首に付いているフードは一時的に

 2リットル位の水を運ぶ袋の代わりにもなる。 

 出来れば着替用としてスウェットを用意しておけば重ね着も出来る

 ので冬山でも無い限り、防寒対策としては大丈夫だと思う。


・第2位 タオル(2枚)

 首に巻けば防寒になり、水で濡らせばマスクになったり、水を濾す

 フィルターにもなる。出来ればリュックに2本は入れておきたい。


・第3位 ガムテープ1リール(布製)

 使われている粘着材に松ヤニが含まれているので着火剤になるし

 一時的な止血帯や絆創膏の代わりにもなる。依ってしまえば紐に
 
 する事も出来る。 山で色々道具を持って行っても意外と一番、

 活躍するのがこのガムテープだったりする。


・番外編 

 皮手袋、ロープ、長靴、ラジオ、十得ナイフ、懐中電灯、ライター
 
 最近は手回しラジオみたいなオールインワン製品が出回っている。

 スマホ充電やライト等の多機能が付いていてお勧めである。
手回しラジオ.jpg

少なくとも1~3位まではリュックに常備しておく事をお勧めする。





    岩魚岩男

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント