●50代のおっさんが包丁を砥ぎながら”生きる自由、生かされる不自由”を考える閑話。

悩む人.jpg

おっさんは日本の就業事情ですごく納得いかない事がある。納得がいか

ない故、独立しているのであるが..あっさんにもサラリーマン時代はあった。

無意識の理不尽とでもいうか。それを誰もが当たり前と捉えてきた様に

思う。いや、当たり前というより諦めの気持ちなのかもしれない。

もちろん全ての人がそうだとは言わない。だがその傾向があるのは確か

だとおっさんは思うのである。 疲れて抗う事や、考える事をやめて

しまっている様に思うのだ。



古来より物々交換や貨幣により物資やサービスが交換されてきた。

それは現代においても同じである。何かを貰う対価として何かを渡す。

社長はお金を払って、従業員は自分の時間を切り売りする。

どちらが偉いとか、偉くないとか、そういった関係では絶対にない。



どちらかが納得いかなければ契約を打ち切れば良いだけだと思うのだが

事はそう単純では無い。家のローン、子供の養育費、借金、不況による

就職難、etc..様々な事情が足枷となり、どちらかは不自由になる。

そして社長や先輩従業員の精神的奴隷になる事を強いられるケースが多い。



コンビニで散々怒声を張り上げ、時には商品を理不尽に要求する馬鹿が

以前、ニュースになっていたが、これが会社という枠組みの中では

ニュースになる事も、問題になる事も少ない。

やっている事は、ほぼ同じなのにである。

賛否両論はあると思うが、日本のサービス業の方針は異常であると

おっさんは何時も思う。


何故、商品を売った方だけが”ありがとうございます”と言う?

おっさんは有難うと言われたら、有難うと言い返す様にしている。


何故、いつも店側の人間だけが笑顔を強要される?

おっさんは笑顔が苦手だが頑張って笑顔で返す努力はする。


店員が笑顔で有難うと言っているのに無視しスマホをいじる客を

良く目にする。 ちょっと待て、その認知バイアスはどこから

来ている? と聞きたい。


人間は染まりやすい生き物だと思う。良く言えば順応性が高いと

言う事でもあるのだが。おっさんはそんな風習に順応したくない。

この変な風習の根源はどこから来ているのか考えてみると、

馬鹿な社長の収益偏向主義やその株主への還元意識だと思う。

そう気づいている人間はせっせと株を買いあさり、そして

この負の永久ループに寄与する事に精をだす。

全くもって不自由な資本主義の弊害だと思っている。


おっさんがサラリーマン時代良く考えていた事は、全国にある道路の

中央分離帯で野菜を育てれば、少なくとも餓死する人間はいな

くなるのではと良く考えていた事がある。

現在の日本で餓死なんてwww 

と思っている方。  家族を亡くし独り身となった御老人や

社会的地位や情報を確保できない人達が沢山いるのである。

それなのに中央分離帯での野菜の栽培は事実上、許されていない。

色々な理屈を付けてくるが、単純に野菜が売れなくなるからだ。

資本主義の弊害になると一部の人間が制限を掛けている為である。


当然だが会社は収益を追求する集団である。いくら社会貢献

や地域の発展等、のたまっていても会社を維持出来なければ、

絵空事になる。 だから収益に拘るのだが、そのうち欲が

出てくる。 良い車に乗りたい、良い家に住みたい、将来の

ために財産を増やしたい。 残念ながら人間の死亡率は100%

であると言いたい。
 

それはロ○チャイルドやロッ○フェラーやビ○ゲイツ

だとしても例外ではない。



おっさんは以前、脳ミソの話をした事があるが、意識や自我は

脳ミソが作り出すbehavior(動作、振る舞い)であるという

事を考えてみて欲しい。 この色や形の無い物が我々である

という事実を。そんな我々が本当の意味で所有出来る物は

何か?という事をだ。

株券や財産など墓に持っていけないぞ!という言い回しが

あるがまったくその通りだと思う。

色も形も無い我々が、真の意味で所有出来る物は、結局の所、

人とのつながりや、思い出や絆といった、色も形も無い物

であり、それ以外は全て一時の借り物でしかないと、

おっさんは思うのである。





   岩魚岩男

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント