●50代のおっさんが祖母の包丁を修理する(その参)閑話。

長いシリーズになりそうだよ。

中子が折れた祖母の包丁。問題はそれだけじゃなかった。

切刃の幅が極端に狭かったので広げようと砥いでみた。

硬い!!! まるで本焼き包丁を砥いでいる様だ。なんで?

GC系砥石も減るだけで、ほとんど砥げていない気がする。

おかしい。とりあえずシャプトンの#120番で再度挑戦

砥げるけど、やっぱり何かおかしい。 硬すぎる。

少し休憩しよう。作業前に撮った写真を眺めていたら

あれれれれ・・・・・???? 有る事に気が付いた。 

比較.jpg

この包丁、狭い切刃だと思っていた所が全部ハガネ。

霞ラインが見当たらないなと思ってはいたけど。

切刃幅=鋼が露出している幅だったみたい。

加えて包丁の厚みが結構まばら、昔の包丁だし手打ちなのかな
凹凸がはげしい.jpg

もしかして、薄刃仕様の包丁って最初の切刃幅が正解なのだろうか

60年以上前の包丁だし、今一つ設計思想が分からない。

中央の砥ぎ角と顎の角度は合わないので捻り(角度を徐々に変える)

を加えて顎の部分の角度を鈍角にしようと思う。

薄刃.jpg

捻り加工後。
捻り加工後.jpg

ちなみに裏押し部分は孔食が結構進んでいたので、

裏押し幅は若干広くなった。

裏押し.jpg

長い闘いになりそうだ。




    岩魚岩男







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2021年04月07日 20:53
お疲れ様です。謎の全鋼包丁綺麗になりましたねwお見事ですよ(笑)
謎の包丁ですが、刃の表が凸凹してるのは元々黒打ち感がするのと幅広・薄刃、北海道というのをヒントに鮭切包丁の可能性は無いでしょうか?ただ、実際に鮭切を見たことも触ったことも無いのでビミョーですが(笑)
岩魚岩男
2021年04月08日 11:28


CoffeeTreeさん、アドバイス感謝です。
ちなみに全鋼ではない様です、普通の出刃と比べて
極端に軟鉄が薄い(0.5mm以下)仕様で逆に言うと
鋼が厚いというかほぼ鋼タイプで僕も初めて見ました。
鮭包丁は僕が見てきた物は1尺くらいある大きい物
でしたが、この包丁は17cmしかありません。
本当に何用なんだって感じですが叔母が言うには
この包丁が一番使いやすいとの事でした。