●50代のおっさんが祖母の包丁を修理する(最終回)閑話。

中子を修理する為にまず、溶接の準備します。

ちなみに溶接機はあるけど備品は一切無いので、そこから作ります。

溶接を舐めてるだろ! と言われそうだが、ご容赦願いたい。

まずは溶接台。
溶接台.JPG

保護メガネ(ダイソー品をダブルで装着)
保護メガネ.JPG
溶接面(段ボールがあれば取りあえず何とかなる!)
溶接面2.JPG

溶接時のベース板(カセットコンロのガスボンベの鉄板 0.2mm×2)

欠点は溶接したらベース板ごと溶接対象に溶接される時があるが

気にしない。

溶接ベース.JPG

溶接作業風景。 包丁の焼き戻りが心配なので濡らしたキッチンペーパーを

包丁に巻いて温度上昇を防ぐ。 焼き戻し処理はおよそ200度前後で

数時間保持する事を考えればこれで何とかなるはず。

溶接作業.JPG

最初は点付けで様子を見る。(電圧5.5V、電流5.5A)

よし! 設定はこの辺で良さそう。
点付け溶接.JPG

......... ↓↓↓ 下手くそかっ!!! ↓↓↓

言い訳をさせて頂くと、ダイソーのサングラス×2は駄目でした。

溶接時まぶしくて何も見えない。

UV99%カットの売り文句はどうした! 
へたくそか!.JPG

少し歪な中子になっちゃったけど、強度面は問題無し。
装着前.JPG

後工程(色々)
後工程.JPG

天然砥石で軽く砥いだら焼刃土の波紋? が出てきた。

後は最終砥ぎをするだけ。
Before After.JPG

裏スキ修正後。
裏スキ修正後.jpg

という分けで祖母の包丁を修理するシリーズは完了しました。 


     岩魚岩男


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

CoffeeTree
2021年04月11日 00:22
何でもやり遂げる!すごい!
素晴らしい出来栄え、お疲れさまでした(笑)
岩魚岩男
2021年04月11日 03:23
いや~恐縮です。 亡き祖母の包丁と言う事で気合を入れて
直しました。祖母の思い出と言ったら怒られてた記憶しか無いですけど、そんな幼少期を思い出しながら作業してました。この包丁を50年後の誰かが使っていてくれたらうれしいです。