●50代のおっさんが包丁を砥ぎながらハスカップ焼きを紹介する閑話。

ハスカップの実.jpg

苫小牧の特産品でハスカップという漿果樹(しょうかじゅ)をご存じだろうか?

スイカズラ科スイカズラ属の漿果樹で、樹高1~2mの落葉低木で青紫色の実が

なる木である。 おっさんは子供の頃ジャムを作る為に取にいった記憶がある。

今回はこのハスカップというかハスカップの木の灰を釉薬に混ぜて作られる

樽前窯陶芸館で制作された陶器(ハスカップ焼き)を紹介しようと思う。

はすかっぷ焼き1.jpg

数年前に訪れた際、一目惚れで購入したマグカップである。

樽前窯陶芸館は、元日本工芸会会員(東日本支部所属)小崎彩秋先生が主宰する

苫小牧焼き工房で窯場、展示館、陶芸教室用作業場、陶芸研究室などが常設され

ており、展示館では作品の即売もしている。他にも”縮織焼”や”切抜練込”など

展示されているので苫小牧に訪れた際には立ち寄ってみてほしい。



   岩魚岩男





"●50代のおっさんが包丁を砥ぎながらハスカップ焼きを紹介する閑話。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント