テーマ:廃屋

●50代のおっさんが包丁を砥ぎながら故郷を想う閑話。

僕が2歳の頃に過ごした集落は51年後の現在、既に無い。この集落を思い出す時、 何故か寂寥感に捉われる様な、でも懐かしい様な、今でも不思議な気持ちになる。 ある記事で脳を研究する専門家の意見では、2歳児の脳はまだ海馬が未発達な為 長く記憶を保持できないという記述を見た事がある。 西日に照らされた茶色の長椅子…

続きを読むread more