テーマ:天然砥石

●50代のおっさんが長年考えていたロマンを此度、実行する閑話。

大昔の人達はカマや鉈を手入れする際、拾ってきた石で砥いでいた。 という文献を読んで以来、おっさんの頭の片隅に1つの願望が芽生えた。 どこら辺がおっさんの琴線に触れたか?「拾ってきた」の部分である。 アマゾンやヤフーショッピングではなく拾ってきた石で砥石を作る。 砥ぎに魅せられた人の中には同じような衝動に駆られた方…

続きを読むread more

●50代のおっさんが包丁を砥ぎながら名倉を考える閑話。

白名倉は放散虫という小さい巻貝の様な生物の殻(炭酸カルシュウム)が体積し 長い年月、圧力や地熱の影響を受け石英質の塊へと変化した変成岩である。 研汁出し、砥石面の目詰まり解消、刃物と砥石の共振解消と名倉の役割は大きい。 砥いでいる時たまにビリビリと刃物が共振する事がある。中性洗剤を使えば解消 されるが、名倉の…

続きを読むread more

●50代のおっさんが包丁を砥ぎながら砥石台を考える閑話。

おっさんは砥ぎの準備に関して普段から留意している点が2つある。 一つは砥面を平面に保つという事と、もう一つは砥ぐ時の砥ぎ圧を 一定に保てる状態を作る。という事を心がけている、これらは技術 云々の前に準備として必要な事だと考えている。  但し、あくまでも、おっさんが心がけている事で、 技術を持った方々は、この…

続きを読むread more

●50代のおっさんが包丁を砥ぎながら天然砥石の有用性を考察する閑話。

これまで3本の記事を掲載する事が出来てとても満足である。(๑•̀д•́๑)キリッ いやそうじゃなくて! 表題が示す通り包丁や砥ぎの記事にしようと思っていたが。当初の目的をすっかり忘れていた。 今までかなりベクトルの違う話になっていた事をお詫び申し上げます。と言う事で今回は正真証明の刃物や砥ぎのお話である。 天然砥石の魅…

続きを読むread more