テーマ:焼き入れ

●50代のおっさんが包丁を砥ぎながら日本刀や脱炭を考える閑話。

鋼は炭素があるから硬度を保っている。だがしかし、 炭素含有量が多いと金属は硬くなるとは言われているが 正確には”硬くなりやすい”だけで、炭素含有量=硬さ” では無いと思う。炭素は金属を硬化させる為の材料ではある が刃物の最終的硬度において焼き戻しの処理による影響が 支配的だと思う。また、硬度を低下さ…

続きを読むread more

●50代のおっさんが包丁を砥ぎながら刃物鋼材を考える閑話。

世の中の物には概ね、背反特性と言う物がある。鋼材で言うと以下の感じ。 ・鋼の硬度が上れば靱性が低下し、靱性が上れば硬度が低下する。 ・硬度が上れば刃が長持ちするが、訛った時に理想の刃付けが難しくなる。 ・硬度が高ければ欠けやすいが硬度が低ければ捲れやすい。 強度とひとくちに言っても硬度と靱性、この二極の要素が…

続きを読むread more