テーマ:砥石

●50代のおっさんが包丁を砥ぎながらウレタンコートを考える閑話。

1家に1台ウレタンコート。 もともとは釣りのルアーに吹きかけて表面を保護するコーティング剤 である。 しかし、その用途は広い。 おっさんは砥石にも活用している。天然砥石の土台に石膏を使うのだが 石膏は強烈なアルカリ性である。直接砥石に石膏が触れる事は避けたい なのでウレタンコートなのである。 理由は…

続きを読むread more

●50代のおっさんが包丁を砥ぎながら研磨剤の硬度について考える閑話。

刃物の硬度を気にする方は良くおられるが、砥石の研磨材の硬度を 気にされる方はあまり居ない様に思う。 硬さの評価をする試験方法は多くの測定方法がある。代表的な試験 方法と言うとロックウェル、ビッカス、ブリネル、ショアや大昔 からあるモース硬度等が上げられる。 硬さを評価する対象は金属以外でゴムやプラス…

続きを読むread more

●50代のおっさんが包丁を砥ぎながら早くもネタが無いと悩む閑話。

刃物よりどちらかと言うと砥ぎや砥石が好きなおっさんは、 この刃物の切れ味を考える時、 どうしても砥ぎ方の目線で物を考えてしまう。 だがしかし、本来は切られる側目線も考えた方が良いのではないか?  等とネタ知恵袋メーターの針がEmpty レベルになったおっさんは思っている。 切られる側目線? と当然の様に思…

続きを読むread more

●50代のおっさんが包丁を砥ぎながら「詫び錆び」を考える閑話。

「無人島に1つだけ持っていくとしたら何を持っていく?」って質問。 釣竿とかライターとかナイフとか人によって答えは様々だけど「知識」と答える人には会った事が無い。 実際、必要なのは知識だと思うし、それが最強の武器になると経験則から学んでいるからだ。  自慢に聞こえるかもしれないが僕は、素っ裸で無人島に放り出されてもダイナマ…

続きを読むread more